交通事故による機能障害

腕の全部や一部が欠損することが上肢機能の欠損障害ですが、腕自体が失われていなかったとしても、事故が原因となって後遺障害が残ることもあります。これが機能障害と呼ばれており、機能障害には3つの段階が用意されているのです。ひとつは「用を廃したもの」という状態です。これは腕自体が残されているにも関わらず、身体の機能が失われた状態を指します。そして、著しい障害を残すもの機能に障害を残すもの、と分かれているのです。

障害上肢の用を全廃したものとは、両方の腕の三大関節がすべて固まっており、手首に障害が残っている状態を指します。そのほかに上腕の神経が完全に麻痺した状態も同様です。この状態になってしまうと後遺障害1級に認定され、片腕だった場合は後遺障害5級に認定されます。後遺障害1級でしたら後遺障害慰謝料が2800万円で、労働能力喪失率は100%です。そして、後遺障害5級に認定されたら後遺障害慰謝料は1400万円となり、同量能力喪失率は79%となります

また、関節の用を廃した状態になることもあります。これは関節が硬直してしまった場合を指し、三大関節のうち2つの関節が用を廃してしまうと後遺障害慰謝料が1180万円となり、労働能力喪失率は67%です。